お知らせ詳細 導入事例 「ブランドイメージ」を表現しながら「シンプルでわかりやすい」採用ページを実現。使いやすいシステムで、目に見える効果も。

株式会社シップス様

業種
アパレル
導入時期
2016年11月
導入プラン
カスタムプラン

Jobギア採促導入インタビュー

問題点に親身に寄り添い、納得いくまで説明してくれた

Jobギア採促を導入される以前は、どのような採用活動をしていらっしゃいましたか?

Jobギア採促を導入される以前は、どのような採用活動をしていらっしゃいましたか?

当社は小売の業態で全国に直営で店舗展開しています。主に自社ホームページからの直接応募を中心に採用活動を行っていました。当社に興味を持ってくれた応募者からの電話やメールにその都度対応するというやり方で、管理システムについても他社のシステムを導入はしていたのですが、いわゆる応募管理のみの機能だけを使っていただけでした。ホームページ以外の求人方法としては、各店舗からの依頼や案件によって都度求人広告を出す、というかなり煩雑な方法でしたね。募集エリアや地域によってはWebよりもまだ紙媒体の方が反応が良かったり、地元に強い媒体があったりするので、都度人事担当者がエリアや求人案件に適していると思われる媒体を選定して求人掲載を行う、というかなりマンパワーを使った採用活動だったと思います。

導入前にお持ちだった「採用に関する課題」を教えていただけますか?

導入前にお持ちだった「採用に関する課題」を教えていただけますか?

大きくは二点あると思っています。
まずひとつは、売り手市場による応募者数の減少ですね。以前は、求人広告を出せばすぐに反応があり、一日では選考しきれないほどの応募数がありました。が、有効求人倍率の変動や応募者数の減少が目に見えて変化してきたこと。それに加えて、外部媒体の費用対効果にも疑問を持ち始めていました。実際に採用につながっていない求人広告にこのままコストを掛け続けていくのが本当に良いのか、という不安を感じていました。
もうひとつは、自社のホームページについて。
やはりトレンドやファッションを生業とする企業ですので「ブランドイメージを大事にしたい」という思いはあるものの、採用に至っては求職者にいかに企業として興味を持ってもらえるのか、それに加え、採用ページの見やすさ・使いやすさを追及しながら両立することが正直難しかったのです。自分たちで作ろうとしても、コストやメンテナンスの問題が立ちはだかる。シップスで働くことをイメージできるような採用ページを作るためにいずれは根本的な見直しが必要だと前から考えていました。

Jobギア採促を導入された経緯、決め手を教えてください。

自社のやり方に大きくメスを入れなければと思っているタイミングだったことに加えて、私たちの話をとても親身になって聞いてくれた、というのが大きかったですね。
採用活動という前に、そもそも当社がどんな企業でどんな人材を求めているのか。また企業としての魅力・アピールできるところは何なのか。という点から、今どのような求人活動を行っているのか。どういうところが問題なのか。そして、その問題点に対してどう対応していきたいのか。課題だと思っていることは解決できるのか、できないのか。明確に一点一点示してくださったんです。世の中の採用活動自体がWebを中心に変化してきていることは理解していました。ですが、求人を取り巻く環境面や広告業界に関して、私達は全くの素人ですので、近年よく耳にする「SEO対策」などについても、それがどういう仕組みでどう採用につながるのか、何がどう作用してコスト削減になるのか、一つ一つ細かく説明して頂けました。システム導入にあたり、何社かプレゼンを受けましたが、圧倒的にわかりやすく説明して頂けたことと、上記のように私達の立場になって提案・意見して頂けたのが導入を決めた大きな理由です。私達担当者が根本まで理解・納得して決断することができたので社内稟議の際にも役立ちましたね。

望みどおりのイメージを実現。採用活動に合わせた対応も可能に。

導入されて特に良かった点はどんなところですか。

導入されて特に良かった点はどんなところですか。

今回、管理システムの導入と同時に採用ページの作り直しもお願いしました。以前は取り扱う商品や店舗などの画像が全くなく、当社で働く環境をイメージしにくい採用ページだったのですが、今回のリニューアルでは、応募者がSHIPSで働くことを想像できるように、ビジュアルを多く取り入れてもらい、理想通りにブランドイメージや企業理念を打ち出すことができています。「SHIPSが好き」という気持ちで自社ホームページを訪れ、そこから応募~入社して頂いた方のほうが、一般の求人媒体からの応募される方と比較しても、圧倒的に離職率が低いことは以前から証明されていましたので、ここは何度も打ち合わせを重ね、時間を費やして作り込んだ点でもありました。他には求人案件毎の見やすさ、検索のしやすさも格段に良くなった、というのも嬉しいですね。ずっと課題だった「ブランドイメージの表現」と「シンプルでわかりやすい画面」の両立がここで実現できました。
また、採用活動の状況に合わせて自分達でページの差し替えや打ち出したい求人案件の対応ができるようになったこともありがたいです。繁忙期には短期アルバイトがほしいとか、今はこのブランド・地域で人が足りていないからトップ画面にバナーを作りたい、オープニングスタッフの募集をかけたい…といったその時々のニーズを反映して自分達でメンテナンスできるようにシステムを作りこんで頂きました。これまでのシステムでは何か新しくページを作りこむときに時間とコストがかかっていたこともあり、人事としてもずっとやってみたいと思っていたことでしたので、自分達で採用ホームページをカスタマイズできるのはとても重宝しています。

カスタムコンテンツでずっと表現したかったものを形にできた。

取り入れて良かったと思うコンテンツや機能があれば、教えてください。

取り入れて良かったと思うコンテンツや機能があれば、教えてください。

「お店の仕事」というコンテンツを、今回作って頂きました。
これが社内外でとても好評で。実際、会社説明会や企業アピールなどの様々なシーンでこの画面を使わせてもらっています。
当社は小売という業態上、従業員の8割は販売職です。どんな人が、どんな環境で、どんな仕事をしているのかということは、文字よりもビジュアルで見せたい、というのがずっとありました。というのも、業界における販売職は「販売職=若いうちだけのもの」「店舗で働くこと=ステップの一つ」「本社に行くこと=偉くなること」というようなイメージを持っていることが多く、そこを払拭したかったんです。アパレルといっても色々な業態があると思うのですが、私たちが大切にしているのは「現場主体」というところです。「店舗という現場には、接客販売以外の様々な仕事がある」ということをまず伝えたかったし、販売員がどんなことを目標として仕事に取り組んでいるのか、といったことも表現したかった。何回も何回も打ち合わせを重ねて、このコンテンツを作りこみました。
そもそもこうした内容を外に向けて発信するということは、もちろん応募数を増やすことが最終的な目的ではありますが、まずはいかにこの会社に興味を持ってもらうか、いかに「SHIPSで働くこと」に興味を持ってもらうか。そしてさらに興味から一歩踏み込んで頂けるような「窓口」や「きっかけ」になればいいなと思っています。今回そうした機能を備えたページを作って頂けたところが、すごくありがたいなと思っています。

「お店の仕事」
http://recruit.shipsltd.co.jp/ships/jobcontent/

使いやすいシステムと手厚いアフターフォロー。応募数も目に見えて倍増。

導入されてからの変化・効果を教えてください。

目に見える効果として一番大きかったのは応募数ですね。スタートしてまだ8カ月ほどですが、月20件前後だったものが、月50~60件になりました。

それから、外部媒体にかけていた費用を大幅に削減できました。それまで反応が良くなかった求人広告を止めて自社の採用HPから色々と応募につなげられるような施策を打ち出せるようになったというのは大きいですね。また以前は、各店舗から求人要請を人事部が取りまとめて、その都度、担当者が媒体選びから掲載時期、原稿の校正など求人案件毎にマンパワーを費やしていたのですが、今では費用対効果を考慮しながら、効果的かつ効率的な求人方法を運用できているので、結果的に人事部内の業務効率のアップにもつながっています。

導入後のシステム管理や、サポート面についてはいかがですか?

使いやすいシステムで助かっています。どの媒体からどのくらい応募があるか、各ページごとのアクセス数・応募数なども一目瞭然。データ管理がしやすくなったおかげで、採用戦略も立てやすくなりました。
また、こちらからの要望や質問にも迅速に対応して頂けてますし、何よりも導入して終わり、ではなく、導入後に様々なことを相談できるのも本当にありがたいです。アイデムさんは世の中の求人動向や最新の広告戦略などの専門知識を多くお持ちなので、定期的な定例会を開催して応募状況の推移や応募者の分析などデータを元にサポートして頂いています。また、こちらの予算や年間の採用計画などをお伝えし、それに基づいたご提案や助言を頂けるのも助かっています。

今後、こんなことをしてみたいという新たなご希望はありますか?

今後、こんなことをしてみたいという新たなご希望はありますか?

ビジュアルやインタビュー記事を増やすなど、少しずつ進めているところではありますが、今後はスタッフ紹介・職場紹介の部分をより充実させていきたいですね。動画コンテンツでの訴求にも興味があります。
ダイバーシティの世の中になりつつある中で、働く人や働き方の多様性についてもっと打ち出していきたいと考えています。「洋服は好きだけど自分には無理かな」と思うような方にも働いてもらえる環境が当社にはあるということを、動画やビジュアルでわかりやすく伝えていきたい。洋服の販売という仕事に対するイメージをこの採用ページを通じてさらに変えていきたいと思っています。
会社としての今後の方向性や将来的なビジョンと合わせて、さらにアイデムさんと試行錯誤しながら、より充実した採用ページを展開していきたいと思っています。

PageTop