課題 採用コストを下げたい

  • 応募傾向を分析

    応募傾向を分析

    ターゲットとする人材がどの媒体から応募しているのか、職種別にどの年齢層、居住地からの応募が多かったのかなど、応募者データで分かることは様々です。それらのデータをうまく活用することで、案件ごとの最適な募集方法が見つかるかもしれません。1つのシステムに全応募者情報を管理することができれば、様々な軸からの応募傾向を分析することが可能になります。

  • 最適な求人媒体を選定

    最適な求人媒体を選定

    1つのシステム上で応募者情報を管理できれば、媒体別の応募状況や採用率までも把握することができるようになります。常にその状況が把握できたり、しかも時間をかけることなくグラフにしたレポートを簡単に作成することができれば、時間・コストのムダなく最適な求人媒体の選定が可能になります。

  • 原稿の入力代行

    原稿の入力代行

    自社の採用HPを持つとしても、普段の応募者対応や面接などの業務に加え、原稿の作成や求人情報の更新などを行おうとすると、とても負担がかかってしまいます。そこで効果的なのが外部に委託する入力代行という方法です。面倒な入力作業を自社で行わずプロに任せることで、原稿作成や求人情報更新における人的コストを大幅に削減することができます。

PageTop