課題 ミスマッチを防ぎたい

  • 実際に働くスタッフのリアルな声を発信

    実際に働くスタッフのリアルな声を発信

    応募から面接、採用そして就業まで求職者は様々な不安を抱えています。求職者の不安を払拭させるためには、できるだけ多くの情報を求職者に発信する必要があります。例えば、現役スタッフの生の声を紹介することは、採用後の働くイメージを具体的に持たせるための効果的な手段であり、応募することに対しての不安を軽減させることから、マッチする人材からの応募効果が期待できます。

  • 求職者に響く原稿を作成

    求職者に響く原稿を作成

    求人サイトへの掲載件数は年々増え続けており、求職者には数多くの選択肢が与えられています。このような状況の中、いかに求職者に響く求人原稿を作るかが重要になってきました。例えば、ターゲットを職種や雇用形態別に分けて原稿を作成することで、条件に合う求職者からの検索にヒットしやすくなり、必要な情報だけを伝えることが可能になることから、求めるターゲットからの応募が期待できる環境が整います。

  • 基本コンテンツを充実

    基本コンテンツを充実

    同じ「事務」の募集であっても扱う商品やサービスによって仕事内容は異なるものです。求職者は仕事内容以外にも、どんな企業なのか、どんな商品・サービスを扱っているのか、社風はどうなのか、など様々なことを知りたがります。応募前により具体的なイメージを持ってもらうためにも会社概要や商品・サービスなどといった基本的な情報を充実させることで、採用後のミスマッチを未然に防ぐことができます。

PageTop