課題 効率よく人材を募集したい

  • 採用専用のホームページを構築

    採用専用のホームページを構築

    弊社調査によると、約9割の求職者が応募前にコーポレートサイトを訪れており、求人の原稿内容からは得られない+αの情報を得ようとしています。採用ホームページは、採用に関する信用度の高い情報源として機能し、応募者の質を高めます。また、新たな集客手段として従来の求人媒体依存型の採用手法から自社採用ホームページ主導の新たな採用手法を実現させ、効率的な人材募集を可能にします。

  • Web上で様々な集客の入口を用意

    Web上で様々な集客の入口を用意

    求職者が仕事を探す方法には、大きく「直接社名を検索し、ホームページより採用情報を確認する方法」と「多数の案件を扱っている求人媒体を利用する方法」の2つに分かれます。応募を増やすために、まずは一人でも多くの求職者に求人情報を届けることが重要なことから、採用ホームページ・求人媒体どちらかに偏ることなく、どちらも有効活用することで集客の入口を広げることがとても大切です。

  • Web以外のルートで集客

    Web以外のルートで集客

    応募を増やすために、Web上で様々な入口を用意する集客方法以外にも、オフライン上で自社資源を利用して集客することが可能です。例えば、ポスターや名刺サイズのショップカードは、採用ホームページに誘導する手段の1つとして機能し、お店に訪れるお客様、もしくはお店の前を通りかかる人向けに訴求できる有効なツールであることから、自社を認知している顕在層からの応募が期待できます。

PageTop